So-net無料ブログ作成
エア・フェスタ浜松2014 ブログトップ

No.7 エア・フェスタ浜松2014 AIR FESTA HAMAMATU 2014   [エア・フェスタ浜松2014]




エア・フェスタ浜松2014の動画です
晴天に恵まれて中々楽しかった
でも人が多すぎで疲れました・・・

今回はプル~インパルス
どこから来るのか分からないためうまく撮せない(苦笑)
気づいたら上空通過してます(笑)

No.6 エア・フェスタ浜松2014 AIR FESTA HAMAMATU 2014 [エア・フェスタ浜松2014]

エア・フェスタ浜松2014の動画です
晴天に恵まれて中々楽しかった
でも人が多すぎで疲れました・・・

今回は小休止として自衛隊が誇る輸送車の紹介!!

これがあればどんな人員も輸送が楽!!


鳥だ!スーパーマンだ!イヤ飛行機だった!!! No.4 エア・フェスタ浜松2014 AIR FESTA HAMAMATU 2014   [エア・フェスタ浜松2014]




エア・フェスタ浜松2014の動画です
晴天に恵まれて中々楽しかった
でも人が多すぎで疲れました・・・


今回はF-15戦闘機です


遠くてわからないんですが(笑)


皆さんの目線で見ていると思ってください


音がとても大きくてびっくりしました


アメリカ空軍などで運用されたF-4の後継として開発された大型制空戦闘機で、第4世代ジェット戦闘機に分類される。F-4と共に、冷戦下のアメリカ空軍とマクドネル・ダグラス社を代表する戦闘機といえる。

軽量な機体に大推力のターボファンエンジンを2基搭載し、高出力パルスドップラー・レーダーと中射程空対空ミサイルの運用能力を持つ。後継機であるF-22が戦力化され、原型機の初飛行から既に40年経った現在でも世界トップクラスの性能を誇る。

更に詳しく知りたい人はこちらから


No.3 エア・フェスタ浜松2014 AIR FESTA HAMAMATU 2014   [エア・フェスタ浜松2014]

エア・フェスタ浜松2014の動画です
晴天に恵まれて中々楽しかった
でも人が多すぎで疲れました・・・

今回の動画にはE-767の飛行が映ってます

左右に揺れながらの飛行は滅多に見られない貴重な飛行です!

ぜひ見てね





概要

航空戦において、防御対象や重要地域より如何に遠距離で敵性航空機を探知するのかという命題は、常に付きまとってきた。航空機の警戒・探知はレーダーを用いることが最も優位であり、レーダー水平線による探知距離の関係や地上固定レーダーの脆弱性、再配置の容易さの点などにより、航空機にレーダーを搭載し、警戒することが考えられた。これは高高度にレーダーを配置することによるレーダー水平線の増大・探知距離の拡大や必要地域へ移動し警戒を行なうことができるなどの利点があった。

アメリカ軍は、第二次世界大戦中にTBMにレーダーを搭載し、空載レーダーによる早期警戒を行なっている。1950年代にはEC-121 ウォーニングスター早期警戒機が開発され、遠距離探知が可能な大型レーダー搭載航空機が出現してきた。しかし、これらはレーダーとその取り扱い要員程度しか搭載できず、指揮管制要員は別所にあった。また、レーダー情報の指揮管制部署への転送が必要など非効率な部分があった。

航空機の大型化や機器の電子化・自動化が進むとともに、航空機に大型レーダーを搭載し、なおかつ指揮管制機器・要員も搭載できるようになり、1970年代に初のAWACSとしてE-3が開発されるに至った。複雑な電子機器を搭載しているため、非常に高価な機体であり、これを装備している国は少ない。また、機体内部の公開情報は少なく、機密性の高い機体でもある。

平時より警戒任務についているが、初の実戦投入は湾岸戦争におけるE-3であり、イラク軍機に対する要撃を警戒管制し、多国籍軍の航空優勢獲得に貢献した。

続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 

No.2 エア・フェスタ浜松2014 AIR FESTA HAMAMATU 2014   [エア・フェスタ浜松2014]

エア・フェスタ浜松2014の動画です
晴天に恵まれて中々楽しかった
でも人が多すぎで疲れました・・・

今回の動画にはE-767の飛行が映ってます

着陸をしつつ再び上昇する動画です!

良かったら見てください!!





概要

航空戦において、防御対象や重要地域より如何に遠距離で敵性航空機を探知するのかという命題は、常に付きまとってきた。航空機の警戒・探知はレーダーを用いることが最も優位であり、レーダー水平線による探知距離の関係や地上固定レーダーの脆弱性、再配置の容易さの点などにより、航空機にレーダーを搭載し、警戒することが考えられた。これは高高度にレーダーを配置することによるレーダー水平線の増大・探知距離の拡大や必要地域へ移動し警戒を行なうことができるなどの利点があった。

アメリカ軍は、第二次世界大戦中にTBMにレーダーを搭載し、空載レーダーによる早期警戒を行なっている。1950年代にはEC-121 ウォーニングスター早期警戒機が開発され、遠距離探知が可能な大型レーダー搭載航空機が出現してきた。しかし、これらはレーダーとその取り扱い要員程度しか搭載できず、指揮管制要員は別所にあった。また、レーダー情報の指揮管制部署への転送が必要など非効率な部分があった。

航空機の大型化や機器の電子化・自動化が進むとともに、航空機に大型レーダーを搭載し、なおかつ指揮管制機器・要員も搭載できるようになり、1970年代に初のAWACSとしてE-3が開発されるに至った。複雑な電子機器を搭載しているため、非常に高価な機体であり、これを装備している国は少ない。また、機体内部の公開情報は少なく、機密性の高い機体でもある。

平時より警戒任務についているが、初の実戦投入は湾岸戦争におけるE-3であり、イラク軍機に対する要撃を警戒管制し、多国籍軍の航空優勢獲得に貢献した。

続きを読む


nice!(12)  コメント(0) 

No.1 エア・フェスタ浜松2014 AIR FESTA HAMAMATU 2014   [エア・フェスタ浜松2014]

エア・フェスタ浜松2014の動画です
晴天に恵まれて中々楽しかった
でも人が多すぎで疲れました・・・

今回の動画にはE-767の飛行が映ってます




概要

航空戦において、防御対象や重要地域より如何に遠距離で敵性航空機を探知するのかという命題は、常に付きまとってきた。航空機の警戒・探知はレーダーを用いることが最も優位であり、レーダー水平線による探知距離の関係や地上固定レーダーの脆弱性、再配置の容易さの点などにより、航空機にレーダーを搭載し、警戒することが考えられた。これは高高度にレーダーを配置することによるレーダー水平線の増大・探知距離の拡大や必要地域へ移動し警戒を行なうことができるなどの利点があった。

アメリカ軍は、第二次世界大戦中にTBMにレーダーを搭載し、空載レーダーによる早期警戒を行なっている。1950年代にはEC-121 ウォーニングスター早期警戒機が開発され、遠距離探知が可能な大型レーダー搭載航空機が出現してきた。しかし、これらはレーダーとその取り扱い要員程度しか搭載できず、指揮管制要員は別所にあった。また、レーダー情報の指揮管制部署への転送が必要など非効率な部分があった。

航空機の大型化や機器の電子化・自動化が進むとともに、航空機に大型レーダーを搭載し、なおかつ指揮管制機器・要員も搭載できるようになり、1970年代に初のAWACSとしてE-3が開発されるに至った。複雑な電子機器を搭載しているため、非常に高価な機体であり、これを装備している国は少ない。また、機体内部の公開情報は少なく、機密性の高い機体でもある。

平時より警戒任務についているが、初の実戦投入は湾岸戦争におけるE-3であり、イラク軍機に対する要撃を警戒管制し、多国籍軍の航空優勢獲得に貢献した。

E-767のさらに詳しい情報はこちら


nice!(5)  コメント(0) 
エア・フェスタ浜松2014 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。